スイング軌道の基本について

フォロースルーを長くとる意識をもってスイングしましょう。両手が体から極端に離れるようでは良いゴルフスイングとは言えません。まずは、ボールを正確にとらえることを優先してえ考える習慣を身につけましょう。ゴルフスイングの基本上達法を意識するようにしましょう。

ボールを正確にとらえるために必要なのは、ゴルフクラブが正しいスイング軌道に沿って通ることが大切です。だからと言って、ゴルフ経験がまだ少ない方に、スイングプレーンを意識しましょうといっても戸惑うばかりかもしれません。

そこで、オススメの方法、できるだけフォロースルーを長くとる意識でゴルフクラブを振ることです。ボールをクラブフェースに当てにいこうという意識は捨て去りましょう。トップ・オブ・スイングからフィニッシュまで一気に振り抜く気構えで、思い切ってクラブヘッドを目標に向かって出していきます。

ただし、身体に力が入っては正しいゴルフスイングはできません。リラックスした状態で、尚且つ両手が体から大きく離れるのは好ましくありません。あくまでもアドレスで作った体とボールとの距離をキープしながら振り抜くことを考えましょう。

ボールのセット位置について

最初にボールのセット位置についてお話ししておきます。ゴルフクラブの種類は多彩ですが、ある意味で平均的なクラブは何かといえば7番アイアンのような気がします。このクラブなら左足力力卜よりも1個半から2個分右にボールを置きましょう。

ボールの位置をどこにセットするかはゴルフスイングにとって非常に重要なポイントのひとつです。基本的な位置としては、ドライバーならば左足カカトの延長線上です。そこからクラブが短くなるに合わせて、徐々に内側に移ります。

そして、7番アイアンぐらいだと、左足カカトよりもボール1個半から2個分右の位置になります。ショートアイアンだとさらに右に移動して、スタンスのセンター付近になります。ここで気をつけたいことは、両手の位置を常に左足太モモの前付近にセットしておくことです。

さあ、ゴルフスイングにこれから挑戦です。初めての方はわからないことが多くて当たり前。出来ないことがたくさんあって当たり前です。何も恥ずかしがることなく思い切ってスイングしてみましょう。ただ、1点だけ付け加えるとしたらゴルフスイングの大敵は、「リキミ」であるということです。力みのないゴルフスイングこそ最高のものと言えます。